お雛様の手放し方

節分が近づくと、そろそろお雛様をださなきゃ・・・と
 感じる時期にはいってきましたね。




ずぼらママだから!簡単スッキリ。
 一生リバウンドなしの片づけサポーター前田よしみです




お雛様は、立春から2月4日(日曜日)ぐらいから

3月3日の1週間まえまでにだすのがいいようです。







が。。。ここで悩むのが、親自身の お雛様だったり

お子様が大きくなって もうお雛様はいらないわ・・・




というかたの 悩み。






























【お雛様ってどうやって手放したらいいの?】ということについて

お話したいと思います。







ひな人形って ゴミ袋に どんどんいれて捨てる・・・って

ちょっと気が引けますよね。




縁起物なのに・・・

親に買ってもらったのに・・・

なんかお雛様がこっちを見てて・・・

罰があたりそう・・







そうはいっても、飾られず 何年も

何年も押し入れの、箱の中にしまっておくほうが

お雛様にとっては、つらいことかの知れません。


もう一度、お雛様と向き合い、どうするか?決めてみてください。

ちなにみ、こんな方法もあります。



寄付する

【ワールドギフト】
 
 寄付のみ:供養なし
 140サイズ(縦×横×奥行の3辺合計が140cmまで
 重さ30kgまで箱や衣装ケース等に詰放題)
 集荷料金:2900円

 寄付あり・供養あり:
 140サイズまで 4400円140サイズまで 4400円



【セカンドライフ】
 
 供養なし:160サイズまで1,980円
 供養あり:170サイズまで2,980円



供養する

さくら祭典 
供養の費用:無料
平成30年 3月17日(土) さくらホール上道(じょうとう)
平成30年 5月19日(土)さくらホール十日市
平成30年 6月17日(日)さくらホールあかいわ
平成30年 6月23日(土)さくらホールせとうち
平成30年 9月22日(土)さくらホール江並
平成30年11月18日(日)さくらホールきびつ
 

 由加山
受付は随時。受付時間9:00-16:00(定休日あり)供養費5000円




いずれにしても、捨てる=もったいないではなく

放置したままにしている=もったいない


に思考をチェンジ。


どのようにするのか、この時期にぜひ家族と
話をしてみてくださいね。